前へ
次へ

投薬治療だけが医療行為ではなくなる可能性

投薬治療だけではなく、新たな治療方法の確立を目指す医療関係者は少なくありません。
例として、うつ病治療に対してVRを利用する研究を重ねているところは多いといわれています。
実際に一部の人を対象として、うつ病の治療の一貫でVRを使用したところ、高い効果を実感した人も少なくありません。
データで高い効果を発揮した人も少なくないことから、医療関係者たちの間でVRは有効であると考え、研究を続けているところもあるといわれています。
とくにうつ病患者をはじめとした精神疾患対策として、病気の種類によってはVRが投薬治療よりも高い効果を引き出せると期待されています。
治療を的確に行うためには、研究結果で高いデータをだし、多くの患者がVRを利用したことによる高い評価を持ち続けている医療関係者は少なくありません。
間接的な治療方法をとり、患者が冷静となれるようフォローするカリキュラムを作成することも重要と考える研究者もいます。

Page Top