前へ
次へ

医療関係者の研究による病気発見

若いうちからアルツハイマーに対する兆候や遺伝的なリスクが理解できていれば、将来的な早期発見や早期の治療につながると考えられています。
医療関係者の間でも早期発見・早期治療ができるように配慮する研究が進められてきました。
海外ではアルツハイマーの遺伝的なリスクの有無がテストできるよう、VRを使用して検査できるアプリを開発しています。
アプリによってリスクの有無を確認し、その結果リスクがあると認定された場合には、定期的に医療機関に通い、治療を受けることが望ましいでしょう。
実際にアプリを運用した結果、アルツハイマーの遺伝子を保有する人は、通常の脳の働きをする人とは違った行動を取ることが発見されたため、今後のアプリ開発にも大きな影響を与えるでしょう。
治療を的確に行えるように前もって遺伝的なリスクを理解し、対応しておくことで将来の自分自身を守ることにつながります。
研究が進歩し、近い将来にはアルツハイマーの検査を自宅にいながらにして、できる可能性も少なくありません。

Page Top